よく緊張している時などに、
「大きく深呼吸して」と言う台詞を耳にする事でしょう。

その言葉通り、あがり症には呼吸法が有効的なのです。

あがり症は自律神経が不安定になり、
赤面したり、声の震えが出たり、心拍数が増えたりする症状が生まれます。

こんな状況に陥った時には、
時間を掛けて深呼吸をする事で頭も体もリフレッシュできるのです。

呼吸法でも腹式呼吸が良いとされています。
なぜ良いのかを説明しましょう。

あがり症は横隔膜にある横隔神経が
不安やストレスを感じる事で
過敏に反応し働き始める事で起こる物とされています。

腹式呼吸で腹を鍛える事は横隔神経を鍛える事にもつながるのです。

腹式呼吸は姿勢を正してゆっくりと口から息を吐いて、
吐き終ったら鼻からゆっくり空気を吸い込みます。

吐く時にはお腹が凹んでいる事を確認し、
吸う時にはお腹が膨らんでいる事を確認して下さい。

自己暗示によるものです。

より効果をアップさせるなら
心の中で「落ち着け」と思ったり、
実際に口に出してみる事も良いそうです。
試してみると良いでしょう。

呼吸法はお金も使わないであがり症を克服できるかも知れないのです。

薬を使う物でもないので副作用の心配もありません。

身近に手軽に出来るあがり症克服法です。
気分を落ち着かせたい時には是非行ってみて下さい。