人間関係を築くのに欠かせないのは人との交流です。

会話や議論を重ねてコミュニケーションを計ることが重要です。

あがり症の人は
コミュニケーションが困難な場合が多く、
話すきっかけをいかに掴むものかと悩む人が多いようです。

あがり症の改善には、
人前で話したりスピーチすることに慣れることです。

初めの内は緊張するでしょうが、
繰り返し行うことで慣れ、
少しずつ気持に余裕が出てくるでしょう。

また、どのような話をするか、
内容や考えなどを予めまとめておくのも良法です。

用意しておくことで、
とっさに焦ってしまうことを回避することが出来ます。

相手の年齢や性別、趣味などに合う話題をすることで
関心を引き、話に興味を持ってもらえることでしょう。

そして、あがり症の場合には自分が話すことではなく、
聞き役に回るのも良いです。

相手が話しやすい相槌を打つなど、
聞き上手になることもコミュニケーションには大切なのです。

あがり症でも、決して尻込みする必要はありません。

上手に話せなくても、早口でも方言交じりでも、
どもってしまっても、良いのです。

誠意を持って伝えることで、
相手も自分のことをきっと理解してくれるはずです。

そして、交流に慣れることで、
少しずつあがり症の改善になることでしょう。