人前で話すスピーチはあがり症の人にとってとても難しい事です。

あがり症故に顔の火照り、
過度の緊張によるどもりや声の震えが
自分は話ベタと自分自身で思い込むのもスピーチを難しくさせる原因の一つです。

しかし、あがり症だった人がスピーチを人前で出来ることもあります。

自分のあがってしまう症状を受け止め、
人前で話す要点を踏まえて、
緊張を和らげる手順を踏めば不可能ではありません。

人に良く思われたい、ミスなく話したいと意識して
緊張しすぎるのがあがり症の人のよくあるパターンです。

スピーチには慎重に丁寧な口調と言葉遣いを意識するためにも程度な緊張は必要とされています。

あがり症であるなら、
あえて最初に緊張していることを伝えます。

どもりやつっかえ声の震えがあるものだとして
話せば多少は気楽に話すことが出来ます。

その他にも、スピーチを上手く話す為には、
原稿を準備し、前もって練習しておくのが大切です。

自分がちゃんと人前で話せるイメージを持ち、
その為にも、実際に話す会場の雰囲気に慣れる把握する必要も大事です。

スピーチの内容としては、親しみのもてる話題や
身近なことを自分なりの言葉で表現するのが良いでしょう。