過去に合ったトラウマが原因であがり症になる場合があります。

人前で緊張して、赤面したり
声が震えてつっかえたのを笑われたことで落ち込み、
強いコンプレックスになりあがり症になることがあります。

そして、様々な症状に悩むことになります。

何とかしたいと誰でも強く思います。

対処法は様々な方法があります。
トラウマが原因の場合、回復には時間が必要です。

トラウマは普段は心の奥底に潜みます。

潜在意識に潜むことで心が傷つくのを防いでいるのです。

あがり症の場合も一緒で
日常生活ではトラウマを意識することはありません。

しかし、トラウマに近い状況になると、
潜在意識から呼び起こされ
強いコンプレックスを意識するようになります。

これがあがり症の様々な症状として出てきます。

トラウマが原因のあがり症は
過去の記憶を清算しないとあがり症が悪化します。

社会不安障害やうつ病を発症する可能性もあるので
早期の的確な対処が必要です。

解決にはカウンセラーに心の悩みや
トラウマの原因を話すと効果があります。

これは治療法を決める重要な要因です。

これらが分からないと
治療ほうを決めることが出来ない事が多く、
完全な回復には必要なことです。