初めて会う人と握手を交わしたり、
好きな人と手をつないだ時に
異常な程の汗を手のひらに感じた事のある人はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。

緊張する事により一気に汗が出てくる症状を多汗症と言い、あがり症の症状の一つです。

発汗する場所は手のひらや顔、頭、脇、足の裏です。

汗かき体質が原因で起こるものではありません。

普段慣れない事を行う事で緊張し、あがり症を引き起こします。

この症状である多汗症には身体的に汗をかくものと、
精神的な事から汗をかくものに分かれます。

あがり症による多汗症で重視されるのは
精神的な事から汗をかく、精神性発汗です。

あがり症による多汗症は、
緊張する事で神経伝達物質のノルアドレナリンが分泌され、
その分泌で交感神経が刺激されると汗が急激に出てきます。

汗の量が大量に出る時は交感神経のバランスが保たれていない状況なのです。

あがり症で多汗症の方は汗の臭いも気にするようになります。

出来るだけ汗をかかないようにと
神経をすり減らす毎日となってしまうのです。

あがり症の多汗症で悩んでいる方は、
まず汗をかく事への意識をなくし気にし過ぎない事が大切です。

精神的なものが原因となっている為、
ストレスを発散できるように自分が落ち着ける事を探しましょう。

リラックス効果のあるもので
心身共にリフレッシュしてみると良いでしょう。