0908-050

あがり症がひどくなると
対人恐怖症を引き起こすようになります。

対人恐怖症とはいかなるものかを調べてみましょう。

あがり症も対人恐怖症の一種となるわけです。

この対人恐怖症は日本人特有の症状で、
個性を重んじる欧米などでは見られない症状です。

日本人は集団の中の個という歴史的背景を背負っていて協調性を求められてきました。

あがり症や対人恐怖症の人は
周りと協調性が取れなかったり、
人付き合いが上手くいかない事で
恐怖感が生まれパニックを起こす状態にまでなってしまうのです。

「恥の文化」を持つ日本では、
自分の行動が他人に迷惑を掛けているという考えに繋がります。

その歴史や文化の背景が
あがり症、対人恐怖症と深く結びついているのです。

対人恐怖症の症状としてあがり症の他を挙げると、
赤面、緊張、体臭恐怖、視線恐怖、多汗、電話恐怖などが有ります。

精神的にデリケートな方がなり易いと言われていますが、
大人になってから些細な事であがり症や
対人恐怖症を発症する方もいらっしゃいます。

今ではあがり症、対人恐怖症のメカニズムなどが
はっきりとしてきた事や、
精神疾患としての理解が深まった事で
病院でも多様な治療ができるようになっています。

自分の中だけで悩まず、
まずはカウンセリングなどを受ける事で克服への道が開けるかもしれません。