0908-058

病院でのあがり症の診察は
主に診療内科や精神科によって行われます。

ストレスによって胃腸の具合が悪くなったり、
発疹が発症したりするといった症状が現れたならば
心療内科で診察を受ける必要があります。

あがり症だけでなく、
過食症、夜尿症、月経前緊張症、多汗症、過敏性腸症候群
といった症状の治療も心療内科では受け持っています。

こういった心身症と呼ばれる症状も、
まず最初は血液検査等の内科の診察から始まります。

次に心の状態を調べていってそれぞれの治療をすすめていくのです。

神経症やうつ病を主として診察していくのは
精神科の役割になります。

現代社会では「心の風邪」と言われるようになったほど
精神病は一般的なものになってきました。

かつての特殊なイメージや偏見の世界にあるものではなく、
誰でも発症しうる病気として認識されてきたと言えるでしょう。

また、あがり症の診察を神経系の異常を診察するのが
主体の神経科で行うこともあるようです。

病院によっては精神科と神経科の使用薬物の共通性などもあって、
それらを併設しているところも少なくありません。

こういった病院の専門医は、
あがり症の患者から話を聞くことから治療は始まります。

次にそのあがり症の患者に合った薬を
処方したり治療法を行っていったりするのです。

カウンセリングのみであがり症の治療を行っているところもあり、
それらの情報はインターネットで情報収集することができます。