あがり症の症状として一番多いのは赤面症と言われています。

赤面症は赤面恐怖症、赤面癖と同じ物です。

赤面する場所は人によってそれぞれで、
顔が赤くなる人や耳が赤くなる人がいます。

赤面症は人から注目されて落ち着かない事が原因で起こる症状ではありません。

その人を好きなのかと勘違いされたらどうしようと思ったり、
人から良く見られたいという気持ちがあがり症である赤面症を引き起こすのです。

赤面するのは異性や会社の上司、
尊敬している先輩などが多く、
気心の知れた家族や友人には赤面症の症状は出にくいとされています。

あがり症は何気ないきっかけで症状を引き起こす事もあります。

この赤面症も同じで、
赤面した事を周囲の人からからかわれたり、
指摘された事によってその事がいつまでも心に傷となって残ってしまうケースもあります。

あがり症である赤面症を克服するには症状が色々有るだけに、対処法も様々です。

あがり症にも言える事なのですが、
「赤面する事、恥ずかしいと思う事は当たり前の行為なんだ」
と思い込む事が大切で、効果的とされています。

赤面症が原因で人に会いたくなかったり、
人を避けるような症状が有る場合には
早めに心療内科などでカウンセリングを受けましょう。