0908-066

精神安定剤はあがり症の治療には効果があり、
その有効性はよく知られています。

精神疾患で使用されるということから
精神安定剤をあがり症で使うのにはためらいを感じることもあるでしょう。

しかしながら、医師の診断を受けた上で、
その使用に問題がないのであればあがる悩みも解消されてます。

あがり症克服への第一歩となるでしょう。

あがり症のために使われる精神安定剤はいくつかあります。

SSRIと言う抗うつ剤が安定した効果を得られると言われています。

眠くなるといった副作用の少ないSSRIは、
効果が現れるまでに2週間ほどの時間が必要となります。

但し、服用中の飲酒は厳禁です。

あがり症の症状改善を急ぐのであれば、
速効性と高い効果で知られるベンゾジアゼピン系の薬物を選ぶ必要があります。

服用中の飲酒が厳禁なのはSSRIと同じです。

大きく異なるのは副作用です。
服用中は眠気に襲われやすいということと、
場合によっては依存症も発症することがあります。
長期の使用も避けた方がよいようです。

これら以外には抗コリン薬などが
あがり症のための精神安定剤として用いられます。

依存性の無い抗コリン薬ですが、
強い副作用がある点には注意が必要です。

あがり症で精神安定剤を使用する場合は、
医師の診断に従って、正しく使用するようにしましょう。