他人からの視線や思いを意識しすぎることは、
あがり症の方に良く見られることです。

他人の思いや視線が気になり、
自分の言動が変ではないかおかしくないかと気になってしまうのです。

いっそ機会自体をなくそうと、人を避けようとします。

こういった気にし過ぎ、
自意識過剰からあがり症になることがあります。

誰しも、人にかっこよく見せたい、完璧にこなしたいと思います。

あがり症の人はこの思いが強すぎて自分を責めてします傾向があります。

あがり症の人が苦手なスピーチも、
適度な緊張は上手に話すには必要とされていますが、
過度な緊張は逆効果です。

あがり症を克服するにはこの自意識過剰を直す必要があります。

その為にはある種の図太さや開き直りも必要です。

若い頃はあがり症でも、社会に出てからの経験で、
年が経つにつれ周りの思いを知り
自分の捉え方も変わり、克服できる人もいます。

周りの人は確かに見ていますが、
それもほんの数秒で、さほど意識にとどめることはありません。

また、自意識過剰と自信過剰の意味を取り違える人もいますが、
自信過剰は能動的に、自意識過剰は受動的に自分を意識するので、意味が全く逆になります。