0908-032

あがり症の症状で動悸、興奮、手の震えなどの症状が
重篤な場合は、医師によって薬物療法を行うことがあります。

薬物療法はあがり症を根本的に治癒するものではありません。

あくまでもあがり症を克服するための
手がかりになるものでしかありません。

投与される薬剤としてはβ遮断薬(βブロッカー)、
精神安定剤を始めとした向精神薬など
多くの種類があります。

いずれの薬剤もあがり症の症状の改善であって
薬物によって解決するものではありません。

症状改善においても注意が必要で、
一時的な効果が現れることで
薬剤への依存が高まってしまわないようにしなければなりません。

薬剤への依存度の高まりから、
薬剤なしでは生活できないということにもなりかねないのです。

薬剤への依存と同時に薬剤の副作用にも注意が必要です。

あがり症が抑えられても、血糖値が上がったり、
めまいが起こったりなどの症状が発症する場合があり、
時には体調さえ崩してしまう恐れもあるのです。

薬剤によってはあがり症の改善に
大きな効果をあげるものが多いものの、
体への負担が少なくないものもあります。

医師の診断の結果、処方される薬剤もあるので、
使用には十二分に注意が必要です。

心臓病を持つあがり症の患者さんや、
妊娠中のあがり症の患者さんの場合は特に注意が必要です。